• 10x Market Updates
  • Posts
  • 🚀 ビットコインは、なぜ10日前から価格下落に転じたのか

🚀 ビットコインは、なぜ10日前から価格下落に転じたのか

関投資家向けの暗号資産調査会社による解説

👇1-10) この修正は、100%予測可能だった。 æˆ‘々は複数のレポートで指摘してきた。コンセンサスに反することは決して容易ではないが、私たちはデータ、予測モデル、そして客観的な分析を使用して、ターニングポイントで難しい判断を下す。1月末の安値を呼びかけ、それが的中した上で、70,000という途方もない上昇目標を設定した。それにもかかわらず、いくつかのリスク要因が先行したため、弱気に転じた。

👇2-10) 私たちの取引シグナルは週末にETH-USDTのショートシグナルを出し、すでに+10%の利益を生んでいる。多くの購読者がニュースレターから取引シグナルへのアップグレードを求めているため、次の24時間だけ、取引シグナル製品を旧価格で提供します(詳しくはこちら)。ただし、ウェブサイトと取引モデルのアップグレードが完了するまでの間、このリンクは短期間しかご利用いただけません。

 ãƒ¼ã‚µãƒªã‚¢ãƒ ã‚·ãƒ§ãƒ¼ãƒˆã®å£²ã‚Šã‚·ã‚°ãƒŠãƒ« - 3月16日公開

👇3-10 3月8日に私たちは月次ビットコインレポートを公開し、ビットコイン価格の上昇と3つの逆転指標のシグナルの低下との間の乖離を特定した。「ビットコインは63,000に戻る可能性があり、また、60,000が重要なサポートであり破られた場合は、52,000/54,000になる」とレポートした。予測していた数値の63,000になったが、私たちは再び強気に転じるには時期尚早だと考えている(いずれにせよ、その時が来る)。

👇4-10) 3月9日の私たちのニュースレターで、一般的な認識とは異なり、ビットコインは米国の取引時間中にラリーに失敗したと書いた。これは、ビットコインスポットETFからの買いの流れが、大規模な売り注文によって相殺されたためである。また、買い手側が飽和し始めると、この買い流れはすぐに停止すると予測した。これは、先週の終わりまでに正確に起こったことだ。

👇5-10) ç§ãŸã¡ã®ãƒ¢ãƒ‡ãƒ«ã¯ã€2月12日と13日に異なるイーサリアム取引シグナルを示し、アグレッシブな上昇予測をした。しかし、イーサリアムのアップグレードが終わった後、即座に上昇のトレンドがなくなった。

👇6-10) イーサリアムETF申請者とSECとの間に対話がなかったというニュースが再び浮上した時、私たちは非常に懸念をした。潜在的な承認の2ヶ月前にこの動きは異例で、イーサリアムの急上昇の主要なきっかけだった。申請者がステーキング条項をいれようとしたため、承認の可能性はさらに低下し、これによりイーサリアムは証券とみなされる可能性がでてきた。

👇7-10) 3月5日の日中の暴落とその後の急騰を分析したところ、将来の予測可能性は低いことがわかった。同様の状況が発生した場合、価格は上がる確率が50:50で、+10%/-10%の激しい変動になる可能性がある。3月7日(ここ)に取引シグナルを終了し、+80%のポートフォリオ利益を確定することを決めたのはこの時だった。そして、再び予測可能性が不透明となった。

 ãƒƒãƒˆã‚³ã‚¤ãƒ³ã®åˆ†æžãƒ¢ãƒ‡ãƒ« - 3月6日掲載

👇8-10) 3月6日に公開された私たちのビットコイン分析モデルに基づき、1-2週間以内により大きな「クラッシュ」が発生すると予想した。しかし、この分析はもう一段上昇する可能性も示している。私たちはこの分析を近々見直すつもりだが、まだ下値リスクをより強く懸念している。

👇9-10) ã“の下げ状況で、購入するにはまだ早すぎる。私たちが弱気市場に転じたと感じた主な点は、小口取引センチメントの低下であり、これはアルトコインとミームコインの取引量が大幅に減少したことに表れた。また、2日連続でETFの流出があった可能性がある(ブラックロックが昨夜+4億ドルの流入をした場合を除く、ただ、可能性はある)。

 ðŸ‘‡10-10) ãƒ†ã‚¯ãƒ‹ã‚«ãƒ«çš„には、ビットコインはより意味のある上昇を試みる前に60,000を下回ると予想している。これまでの新高値シグナルに基づけば、83,000ドルと102,000ドルの上値目標というバラ色の絵も描けるが、当面は下値管理に重点を置く。とはいえ、トレーディング・シグナルのアップグレードの提供を利用することは、素晴らしいチャンスとも言えるでしょう(期間限定の特別提供)。

ンテンツは教育目的であり、投資アドバイスではなく、資産の売買や金融決定をするよう勧誘するものでもありません。また、ニュースレターは税務のアドバイスではありません。税に関しては、税理士に相談してください。当コンテンツによって生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式会社ともに責任を負いません。