• 10x Newsletter
  • Posts
  • トークンのロック解除に注意しよう。ベンチャーキャピタルファンドがこのアルトコインサイクルを早期に打ち切る可能性があるかどうか?

トークンのロック解除に注意しよう。ベンチャーキャピタルファンドがこのアルトコインサイクルを早期に打ち切る可能性があるかどうか?

10x Researchによる機関投資家向けの暗号資産情報

👇1-12) 現在の暗号資産のブルマーケットサイクルは、過去のものよりも短く、幅広いアルトコインの急上昇にはなりにくいかもしれない。暗号資産ベンチャーキャピタルファンドがその原因だろうか?

👇2-12)  号資産市場の日々の取引高が1000億ドルを超え、暗号資産プロジェクトの急速な開発とアップデートが行われているにもかかわらず、業界の成長ポテンシャルには重要な制約が存在している。

 👇3-12)  リアルタイムのオンチェーン分析は、暗号資産トレーダーを魅了しており、四半期の収益を待つ従来の株式投資家とは明確に異なる。ただし、暗号資産市場は、強気の幅や期間を制限する可能性のある課題に直面している。今後10週間で約20億ドル近くのトークンがアンロックされると、アルトコイン市場が低迷する可能性がある。

 👇4-12) 20233月の米政府の措置は、シルバーゲート(Silvergate)、シリコンバレーバンク、シグネチャーバンク(Signature Bank)の3大銀行の閉鎖など、暗号資産取引の重要な金融経路を混乱させた。これらの銀行は、毎四半期多額の取引を暗号資産企業と行っていたが、不十分なコンプライアンスフレームワークやリスクのある財務管理により問題が生じ、破綻に至った。

👇5-12)  これらの閉鎖は、広範な市場の急騰を支える流動性を制限し、即座に規制と市場への影響をもたらした。前回のアルトコイン急騰期において、リテール顧客の参入を促した主要な要因は、これらの銀行と暗号資産のレンディングプラットフォームだった。

👇6-12)  さらに、暗号資産セクターへのベンチャーキャピタル投資は、業界の成長を促進し続けるために、前回の水準に追いつかなければならない。ベンチャーキャピタルの投資額は大幅に減少しており、アーリーステージとレイトステージの資金調達額は大幅に減少し、ハイテク企業のIPO市場も減速している。たとえば、FTXなどの企業に寄せられた高い期待にもかかわらず、その倒産前後で投資家の関心が冷め、IPOやベンチャーキャピタルの流入が減少している。

ビットコイン(LHS, white) vs.四半期のベンチャーキャピタル(RHS, $mln)によるブロックチェーン投資

👇7-12)  ベンチャーキャピタルの供給減少やIPO市場の停滞は、投資家の慎重な姿勢を示唆し、主にミームコインなどのニッチ領域に焦点を当てた、実質的なインフラ投資よりも短いブルマーケットが訪れる可能性がある。全体的な市場ダイナミクス、規制上の課題、資金調達の減少が、暗号資産ブルマーケットサイクルの期間と範囲を制限する可能性がある。

 👇8-12)  債券利回りと暗号資産へのベンチャーキャピタル投資は逆相関を示しており、債券利回りの上昇が暗号資産スタートアップの資金調達を締め付ける要因となっている。最近では特に資金調達の締め付けが顕著であり、ベンチャーキャピタル企業による暗号資産への早期投資は2022年上半期以60%減少し、後期の投資はさらに90%急激に減少している。

 👇9-12) ベンチャーキャピタルの減少は、米国企業のIPOが大幅に減少したことと時期を同じくしている。2021年の1,035件から2023年にはわずか154件に減少した。後期の暗号資産企業の公開に対する見通しが低下したことは、市場条件の不利性や伝統的な金融商品の利回りの上昇などに一部起因し、投資家の期待が格段に低くなったことを反映している。

 👇10-12) ベンチャーキャピタルファンド(および他の初期投資家)は、次の10週間で約20億ドル相当のトークンをほぼすべて解除することもできる。APTの約9700万ドル分の解除は、4日後に利用可能になる。STRKの約7900万ドル分は6日後、ARBの約9400万ドル分は8日後、IMXの約5300万ドル分は8日後、AVAXの約3億3000万ドル分は13日後、OPの約6400万ドル分は20日後、PRIMEの約2800万ドル分は22日後、SUIの約10億ドル分は22日後、ENAの約4800万ドル分は24日後、ALTの約1億7100万ドル分は48日後、そしてXAIの約1億3500万ドル分は62日後となっている。

👇11-12) ベンチャーキャピタル投資家は、直近の利益を確定させることを迫られる可能性があり、特に解除が可能になるトークンの上向きの動きがある場合には、その上昇のパフォーマンスを抑制する可能性がある。不安定なサイクル中にも依然として重要な利益機会を提供している暗号資産市場だが、現在の環境ではより抑制的で選択的な強気相場局面を示唆している。

👇12-12) 2022年11月にFTXが崩壊した際、アルトコインの支配率が30%から20%に減少し、この20%の水準で停滞した(イーサリアム、ソラナを除くアルトコイン)。ビットコインの半減期はアルトコインにとって転換点となる可能性があった。暗号資産トレーダーは、これら20億ドルのトークンがアンロックされた際にベンチャーキャピタル投資家などの早期投資家がどのように行動するかを注意深く監視する必要がある。彼らの売り圧力がこのサイクルを早期に終わらせる可能性がある。

 ビットコインの支配率(LHS, purple) vs.アルトコインの支配率(RHS, white, inverse)

このコンテンツは育を目的として提供されており、投資の助言を目的としたものではありません。また、資産の買や金融上の決定を推するものではありません。このニュスレタ務にするアドバイスを提供するものではありませんので、についてのご相談は理士にお願いします。コンテンツに連して生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式社は責任を負いかねます。