• 10x Newsletter
  • Posts
  • 今週のインフレに関するデータがビットコインにとって意味すること

今週のインフレに関するデータがビットコインにとって意味すること

10x Researchによる機関投資家向けの暗号資産情報

👇1-10) トレーダーは今週末までにビットコインが±6%動くと予想している。これはもちろん、今夜のPPI、そしてより重要な明日のCPI国インフレデータが発表されることに基づいている。しかし、インプライド・ボラティリティは、他の満期に比べて52.8%価格設定されている一方で、実現ボラティリティはわずかに50%満で取引されているため、これらのインフレのデータを背景にしたビットコインの大幅な動きがすでに価格に反映されているとは言い難い。インプライド・ボラティリティは、実現ボラティリティが50%をわずかに下回る水準で取引されていることから、割高感はない。

 👇2-10)  テクニカル的には、ビットコインはまだ60,800から61,400のサポートレベルにとどまっている。これが崩れれば、価格の下落が予想される。ビットコインETFの保有の平均参入価格は約57,000ドルであり、60,000ドルを下回ると、これらの投資家にとってはアドレナリンが急上昇する可能性が高いといえる。BTC ETFの流入が減少したのと、ビットコインが上昇しなくなったタイミングとが重なるのは偶然ではない。

 👇3-10)  ビットコインの半減期が終わるタイミングと、ステーブルコインの流入が鈍化したのも偶然ではない。多くのトレーダーが相場の収斂期を予想している。さらに興味深いのは、過去の2つのCPI/PPIータポイントが公表された後、ビットコインが売られたことだ。したがって、今日の10xリサーチでは、これらのインフレデータが公表された後のビットコインの期待に焦点を当てようと思う。

Subscribe to Premium Membership to read the rest.

Become a paying subscriber of Premium Membership to get access to this post and other subscriber-only content.

Already a paying subscriber? Sign In

A subscription gets you:
Receive concise, unrivalled informative crypto trading strategy reports (2-4x per week).
In just 10 paragraphs, unraveling the complexities and market structure of crypto and its dynamic landscape.
Insights into the intersection of crypto, regulations, macroeconomic trends, and policy shifts.
Apply to join subscriber ONLY Telegram Group. (Please read our Terms and Conditions and Disclaimer @ www.10xResearch.co))