• 10x Newsletter
  • Posts
  • ビットコインの次の15,000ポイントの動きが今週決定される

ビットコインの次の15,000ポイントの動きが今週決定される

👇1-10)  気になる理由は十分にある。ビットコインETFの流れは5日連続でマイナスに転じている。そしてアルトコインやミームコインの取引量は激減しており、特に韓国ではアルトコインの取引量が160億ドルから30億ドルに急激に減少している。私たちは2週間前にこれに気付き、上昇の勢いが失速し、ビットコインのファンディングレートが低下し、修正が起こる可能性が高いことを示した。

 👇2-10) しかし、強気な議論も多い。特に、中央銀行が緩和的な政策に転じ、半減期があり、ETFの流れが逆転する可能性があることを示唆する限界変動率、そして依然として強気なリスク資産環境が挙げられる。

👇3-10)  ビットコインは狭まるトライアングル・パターンの形成に突入し、どちらかの側に抜けることで次の15,000ドルの価格動向が決まる。このトライアングルの形成がどこで計測されているかによって、次の示唆される動きは、ブレイクの瞬間から10,00020,000、または30,000ポイント上下する可能性がある。そして、これは今週起こると予測される。

 👇4-10)  過去2週間に修正が予想されていたが、最初の下方目標である63,000ドルが達成された(複数回における下値へのテスト)。しかし、2番目の下方目標である59,000ドルは達成されなかった(最低約60,500ドル)。そしてビットコインは上昇を試みており、もしその上昇方向へ突破するとすれば、私たちの上向きの目標である83,000ドルと102,000ドルが徐々に実現しつつあるといえる。

👇5-10)  これは私たちの最初で最後の論議を呼ぶ予測というわけではないが、2023116日、イーサリアムが1,900で取引されていたとき、私たちがその時点でのレポートで書いたように、三角形の形成のブレイクは、1,000上昇して3,000となることを予測した。誰の予想にも反して、イーサリアムは最新の動きで4,000で取引された。

 👇6-10)  先週、いくつかの中央銀行が緩和的な姿勢を示した。連邦準備制度は、長期間にわたってより高いインフレを受け入れる意思があり、量的緩和の減速を急ぎたいと示唆した。連邦準備制度のパウエル議長は、より高いインフレに対してより寛容な姿勢を示し、連邦準備制度の見解を厳格なインフレターゲットから比較的緩い定義に変えた。連邦準備制度は、インフレが初期の2%の目標よりも高いにもかかわらず、それを変えられない供給側の問題であることに気付いている。

👇7-10)  これは、選挙サイクルの典型的な急上昇と合致しており、過去3つの選挙年、すなわち2012年、2016年、2020年において100200%以上のビットコインの急上昇を引き起こした。したがって、必ずしも急上昇で売る必要はなく、ディップを買うことを期待すべきだ。59,000ドルに向けた下落は理想的な買いの機会だったかもしれないが、私たちは市場が連邦準備制度のこれらの緩和的なコメントを受けて、再びブルの気分に切り替わると予想している。

👇8-10)  日本銀行とスイス国立銀行も緩和的な姿勢で驚かせ、それに伴い、ゴールドの急上昇が続いた。ビットコインもこの緩和的な傾向とゴールドの急上昇から恩恵を受けるはずである。昨年、FRBが利上げサイクルに入り、その後休止した後のビットコインのパフォーマンスに関する分析を発表した。結果としては、私たちが見てきたように、ビットコインは大きな急上昇を見せたのである。

👇9-10)  しかし、2018/2019年の利上げサイクル後に連邦準備制度が利下げを開始したとき、ビットコインは30%下落した(20197月の利下げ後)。これは、連邦準備制度が、成長が低迷したことによって利下げしたためであり、現在の利下げサイクルとは対照的に、連邦準備制度は成長に楽観的であるにもかかわらず利下げする可能性が高い。これは、リスク資産(ビットコインを含む)にとって非常にブリッシュなシナリオといえる。

👇10-10)  ビットコインがどちらの方向に抜けるかを注視することが重要だ。もし上に抜ける場合(私たちが疑っているように)、もう一つ重要なレベルは68,300ドルとなる。これは、ビットコインがこのサイクルで初めての新記録を達成した時期のレベルである。歴史的に、このレベルが再テストされ、再び破られると、ビットコインは大幅な急上昇を見せる傾向がある。今週はどちらかにとって転機となるであろうが、三角形が抜けるときに移動する準備が必要となる。

ンテンツは育目的であり、投資アドバイスではなく、資産の買や金融決定をするよう誘するものでもありません。また、ニュスレタ務のアドバイスではありません。しては、理士に相談してください。コンテンツによって生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式社ともに責任を負いません。