• 10x Newsletter
  • Posts
  • ビットコイン: 7万ドルで停滞か、それともブレイクアウトの準備はできているのか?

ビットコイン: 7万ドルで停滞か、それともブレイクアウトの準備はできているのか?

👇1-12) 先週の予想通り、ビットコインはトライアングルフォムからけ出し、かなりの上昇(+6%)を記した。しかし、イスタ休暇が近づくにつれて、ビットコインはい範に限定され、今週中にブレイクすることになるだろう。

 👇2-12) 7か月連のプラスの後、ビットコインは2012年の前回の記に並んだ。その翌月には、ブルマケットが-10%の修正で中されたが、けてさらに6か月間の連プラスリタンがいた。以下では、いくつかのマネフロ指標を紹介する。

 👇3-12) クジラ(大口取引者)の保有況の化を討し、一部の取引所の保有量を見て際の暗資産の活動を評する。これにより、今後週間やヶ月でビットコインが上昇する可能性が高くなるか低くなるかを判する。

 👇4-12)  過去10回のうち6回、4月にビットコインが平均して12%上昇する傾向にある。特に重要なのは、ビットコインが新たな史上最高値を68,330ドルで記した際に、月末には70,000ドル近くで終了している点である。これは重要なレベルであり、このレベルを超えることができれば、楽観的な見方をすると、今後週間やヶ月でさらに高い格が期待できると考えられる。

👇5-12) クジラ(大口取引者)の保有量1年間の変化を見てみると、放物線的なペースでの増加が見られる。これは、ビットコイン価格の上昇に伴い、クジラが保有量を増やし続けていることを示唆している。史的に見ると、クジラの保有量の獲得速度がスロダウンしたり(あるいは減少したり)すると、ビットコインの格サイクルがピクに達することが多い。しかし、現在はそのような段階には至っていない。このデタポイントは、ビットコインが2017年のような放物線的な格動向に移行する可能性があることを示唆している。

 👇6-12) 2010年から2012年に作成されたビットコインウォレットの加について耳にするが、これは必ずしもブルマケットが終了するサインとは限らない。むしろ、長期保有者(1年以上の保有者)は保有量を減らし始めたに過ぎず、短期保有者の加している。短期保有者は330BTCを保有しており、これは2017年と2021年のピク時に620BTC500BTCを保有していたことと比較すると、況が異なることを示している。この指標から、このブルマケットがさらに四半期にわたってく可能性が示されている。

👇7-12) 202211月のFTXの崩壊後、約250BTCが暗号資産取引所に残っており、ビットコインETFが承認され、取引が開始されるまでは比較的安定していた。しかし、取引所におけるBTCの残高は急速に減少しており、現在は230BTCで、これは20185月以来の最低水準である。

👇8-12) Coinbaseには31.2BTCがあり、先月には6BTCが減少した。ビットコインの価格が70,000ドルの場合、これはETFが前月に市場から購入した約46億ドルに相当する。2月にETFは約60億ドル分の購入を行った。そのため、毎月の購入ペースは鈍化しているものの、BTC価格が実質的に高い状態を維持していることを踏まえると、46億ドルの購入も依然として重要であり、CoinbaseBTC保有量をさらに圧迫する可能性がある。

👇9-12) ステーブルコインの発行は順調に進み、静かに法定通貨から暗号資産への変換が行われている。CircleUSDC1月中旬以来70億ドルを追加発行し、Tether100億ドルを発行した。Tetherの市場占有率が70%に達している一方で、USDCの増加は、より規制を順守する参加者からの流入が加速していることを示している。先月、USDCの時価総額はUSDTのそれに比べて15%増加し、5%の増加率を記録した。ステーブルコイン全体の時価総額は1500億ドルに到達し、これは20229月にBinanceBUSD250億ドルに達する直前の最高水準である。BUSDについては、銀行との関係が解消されたため、現在その時価総額は1億ドル未満である。

 👇10-12) USDCの静かな復活と同様に、ビットコインキャッシュ(BCH)が44日の「半減期」に先立ち、再び注目を集めている。過去24時間で、BCH先物の建玉は18%増加し、トップコインの中で最も速い伸びを見せ、取引額は14億ドルに達した。想定されていた穏やかなイースターの日曜日に、BTC先物の建玉は+4%増加し(現在200億ドル)、ETH+5%増加し(102億ドル)、SOL+7%増加した(27億ドル)。先物取引が活発化するとともにファンディングレートが急激に上昇しており、これにより、これらのトレーダーが今後数日間で暗号資産価格を大きく引き上げる可能性が高いと考えられる。

👇11-12) ビットコインが68,330ドル以上で取引されている限り、次の数週間で価格が実質的に高くなると推定しなければいけない。ビットコインETFからステーブルコイン市場の時価総額の増加に至るまで、資金の流入は依然として強力である。特に、先月にはUSDCの発行量が15%増加したことが注目される。先物取引の出来高が増加していることは、リスク資本を投入する意欲が再び高まっていることを示している。

👇12-12) 取引所の保有量が減少することにより、再ステーキングプロトコルがトータルバリューロック(TVL)を引き寄せるため、短期的な需給逼迫(きゅうきゅうひっぱく)が発生する可能性がある。クジラ(大口取引者)や短期保有者と長期保有者のデータを見ると、このブルマーケットがまだ数四半期続くことが示唆されており、4月はプラスのリターンを示す傾向があるため、新たな史上最高値に達する可能性が高いことが予想される。

ンテンツは育目的であり、投資アドバイスではなく、資産の買や金融決定をするよう誘するものでもありません。また、ニュスレタ務のアドバイスではありません。しては、理士に相談してください。コンテンツによって生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式社ともに責任を負いません。