• 10x Market Updates
  • Posts
  • 🚀 ビットコイン売りタイミングに関する解説!サポートレベルはどこに?

🚀 ビットコイン売りタイミングに関する解説!サポートレベルはどこに?

👇1-10) ビットコインとイーサリアムは、今日2つの主要な理由で下落している。

👇2-10) まず、1週間以上前の当社の慎重なスタンスは、特定の市場セグメントの脆弱性を示していた。当初は懐疑的だったが、ビットコインの市場構造に関する懸念が顕在化した形となった。それは、ビットコインがアウトサイドデイ(同一セッション内で新高値を更新し、かつ前日の安値を下回る取引)を経験した後、先見的なリターンがますます不安定になり、二律背反になるのである。

3月7日のアナログチャート

👇3-10) その結果、トレーディング・シグナルのモデル・ポートフォリオをクローズし、その後2つのポジションを追加したのみである。MicroStrategyの株価はフェアバリュー(対ビットコイン回帰またはBTC保有量ベース)を60-90%上回って取引されている。

👇4-10) 堅調なETFの流入にもかかわらず、ビットコインはほとんどの米国取引セッション中にラリーを維持することに失敗した。代わりに、価格は米国ETFの開始に先立っての数時間のみ急上昇したが、これはブラックロックの顧客からの継続的な購入に対する信頼が要因だった。この信頼は、過去2〜3週間でシバイヌが連続7日間で韓国で最も取引されたコインとして台頭するなど、ミームコイン取引の爆発も引き起こした。

👇5-10) 第二に、Dencunアップグレードを巡る期待によるイーサリアムの最近の急騰は、収益成長の根本的な弱さへの不安が、現実のものとして直面している。イーサリアムは2021年のDeFiサマーとNFTによる強気市場から恩恵を受けた。しかし、現在の評価はこれらの基本から切り離されているように見える。また、Dencunアップグレードの大部分の価値はLayer 2ブロックチェーンに利益をもたらすと予想されており、取引による出来高が急増しない限り、イーサリアムの収益利回りが薄れる可能性がある。

👇6-10) イーサリアムのETF承認の見込みはビットコインよりも高くなく、アナリストは承認の可能性をわずか30%と見積もっている。この不確実性はイーサリアムのDencun後の売りに寄与し、ビットコインを引き下げる可能性がある。さらに、ヨーロッパと米国の最近のインフレデータと中央銀行が、利下げにコミットすることを渋る態度は、アジア取引時間中のビットコインの売り急ぎをさらに悪化させた。

👇7-10) これらの要因を考慮すると、ビットコインが新しい最高値のブレイクアウトレベルを維持することに失敗したことは、より深刻で長期的な修正の可能性を示唆している。ビットコインETFへの流入は通常、週が進むにつれて減少し、金曜日には最低の流入となる。ビットコインは、上昇トレンドを再開する前に、潜在的なターゲットとして63,000になる可能性がある。上記の3月7日に提示したアナログチャートを参照。

👇8-10) 3月14日(木)のグレースケールの売却が比較的少ないにもかかわらず、ネット購入がわずか133百万ドルにとどまったことや最近のETF流入のパフォーマンスの低迷が、アジア取引時間中のビットコインの急激な売り急ぎにつながった。

👇9-10) イーサリアムの急騰に密接に関連しているアルトコインラリーは、短期的なピークに達した可能性がある。特に、シバイヌなどのトークンは著しい取引量の急増を経験した。先週のミームコインの熱狂の可能性をピークとして、韓国でのミームコイン取引量の減少は、より広範な市場修正の兆候となる可能性がある。

👇10-10) 興味深いことに、ビットコインは昨夜初めて欧州取引時間中にラリーに失敗した。ETF流入を期待して購入した買い手が消えたようで、金曜日には歴史的に最低の流入日であり、ビットコインおよび暗号資産市場は真の調整局面を迎えようとしている。市場はこれらの流入の持続性に非常に敏感で、神経質になっている。

コンテンツは教育目的であり、投資アドバイスではなく、資産の売買や金融決定をするよう勧誘するものでもありません。また、ニュースレターは税務のアドバイスではありません。税に関しては、税理士に相談してください。当コンテンツによって生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式会社ともに責任を負いません。