• 10x Newsletter
  • Posts
  • 🚀ミームコインのフィーバー:急上昇が崩れ、衝撃的な暴落の理由が明らかに!

🚀ミームコインのフィーバー:急上昇が崩れ、衝撃的な暴落の理由が明らかに!

👇1-12) 暗号資産の乱高下について、多くの人々が説明を求めている。しばしば、その狂気には一定の方法があるものだ(書籍『Bitcoin: The Irresistible Rise』を参照)。最近では、アルトコインやミームコインが爆発的に上昇し、数日で数百パーセントを達成している。

 

👇2-12) 一部の人々はビットコインがこのブルマーケットの最初の上昇局面をスタートさせたため、今後はアルトコインが引き継いでいくはずだと主張している。しかし、DeFiサマーのようなブルマーケットの新しいストーリーがない限り、広範な相場が発生する理由や、どのアルトコインやミームコインのミニブルマーケットが持続可能であるかを特定するのは簡単ではない。私たちの取引シグナルモデルは、数日前にETH-USDTをショートした。

 

👇3-12)ビットコインのドミナンスレートは52%で高いままであり、仮に他のアルトコインに比べてドミナンスレートが34%に低下したとしても、ビットコインが依然として暗号資産の動きを支配していることを示している。ソラナなどの一部のコインは昨年10月以来上昇しているが、広範なアルトコインセクターは2024年2月末に一時的に急騰したにも関わらず、失望を招いている。

 

なぜアルトコイン/ミームコインが急騰したのか、またなぜそれらの価格トレンドが逆転する可能性があるのか。

 

👇4-12) 4月10日の国政選挙を前に、韓国の与野党は当初、暗号資産に関連するさまざまな約束をした。 両党はともに、韓国でのビットコインの現物ETFの承認を検討することを表明したが、与党である国民の力党(PPP)は31%から37%の支持率を持つ中で、2月28日にビットコイン現物ETFの禁止を解除することも含め、暗号資産の規制緩和を無期限に延期した。

 

👇5-12) 与党である国民の力党(PPP)は、政府や金融当局の間での暗号資産規制に関する十分な政策調整がなかったため、暗号資産を政策上の優先事項から除外した。これは、現行の暗号資産規制が変わらずに維持されることを示している。韓国のトレーダーがアルトコイン取引の取引高を支配しているため、韓国での展開がアルトコインの世界的なトーンやトレンドを決定している。

 

👇6-12) 与党である国民の力党(PPP)が2月28日に暗号資産政策を議題から除外した際、取引高の80%のシェアを持つ、韓国最大の暗号資産専門取引所であるUpBitでの取引高は、2-3億ドルから7-8億ドルに増加し、3月6日には160億ドルに達した。現在、その取引高は45億ドルに落ち着いており、アルトコインやミームコインに対する関心が低下し、ミームコインのトークン価格もそれに伴って下落していることを示している。誰かが(ミームコインでいっぱいの)ポートフォリオを抱えていることになる。

 

👇7-12) 韓国の株式市場は1日に8-9億ドルの取引が行われ、韓国人の暗号資産への過度な関心が示されている。 国際取引所に対するビットコインのプレミアムを測定するキムチプレミアムも、過去数か月間は主に1-3%で取引されていたが、7-9%に増加した。

 

👇8-12) アメリカでは、ビットコインのスポットETFに関するニュースが主導的であり、アジアの取引時間とは対照的に、韓国のトレーダーが主導し、アルトコインが中心となっている。先月、ビットコインの価格は+31%上昇したが、そのうち35%(11%)がアジアの取引時間中に発生した。

 

👇9-12) ビットコインの大部分の利益はヨーロッパの取引時間中に発生した。これに対して、イーサリアムのようなアルトコインでは、29%の利益の内80%がアジアで発生した。また、ドージコインでは、100%、つまり全体がアジア時間中に発生した。

 

注目ポイント:30日間のリターン、その利益の%はアジア取引時間中に発生したもの

👇10-12) また、ミームコインのShiba Inuは190%上昇したが、その収益の170%がアジアの取引時間中に発生した。Shiba Inuは7日間連続で最も取引されたコインであり、その7日間で最大$10.7bn取引された。Shiba Inuの急上昇は、韓国で暴騰した暗号資産の取引量が急増した2月28日に始まった。韓国での暗号資産の取引量が$16bnから$4.5bnに急落したことは、アルトコイン/ミームコインの価格の下落の前触れとなる可能性がある。

 

注目ポイント:UpBitの取引量(10億ドル)対Shiba Inu(ミームコイン)

 

👇11-12) また、2月28日以来、キムチプレミアムは、韓国ウォン建てのビットコインのプレミアム価格を国際取引所での価格と比較して測定し、+3%から+9%に増加した。これは、韓国のトレーダーが国際取引所の価格に比べてビットコインに9%のプレミアムを支払う意思があることを示している。歴史的に見ると、プレミアムが再び平均に戻る前に達する最高水準は、9~10%であるといえる。

 

注目ポイント:韓国におけるビットコインの価格(国際取引所との比較)

👇11-12) 私たちは今年の残りの期間についてはビットコインに対して依然として好感的であり(先週またはその2週間ほど前の見通しでは、修正が起こるとの見解にもかかわらず)、暗号資産市場はアルトコインやミームコインにとって非常に活発であるといえるが、取引量の急激な減少は、このミニブルマーケットが終了したことを示唆しているかもしれない。韓国の選挙は、多くの人が認識している以上に、アルトコインやミームコインのトレーダーにとってより重要かもしれません。

コンテンツは教育目的であり、投資アドバイスではなく、資産の売買や金融決定をするよう勧誘するものでもありません。また、ニュースレターは税務のアドバイスではありません。税に関しては、税理士に相談してください。当コンテンツによって生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式会社ともに責任を負いません。