• 10x Newsletter
  • Posts
  • 今週ビットコインの資金流入が急増する理由

今週ビットコインの資金流入が急増する理由

👇1-10) 2週間にわたり相場が弱であった後、週末に強気換し、昨日の朝にタイムリな更新情報を私たちの購者に送信した(https://mail.10xresearch.co/p/15000)。即座の上昇が予想され、ビットコインは弱の重い況が新たな楽観主義に置き換わったことで+6%急上昇した。

👇2-10) ビットコインが日間束しながら推移して、リバサル指標が烈な買いレベルに達することを望んでいた。私たちはビットコインが週明けに積極的な上昇で週を開始することを疑っていた。なぜなら四半期末に差し掛かるためである。それでも、私たちの3つのリバサル指標は強気であり、市場(ビットコイン)が68,000ドルを下回らない限り、そのまま強気態がくと予想する。

👇3-10) 68,000ドル(または68,330ドル)のレベルは重要で、最初に新たな史的高値を示した際に、このレベルを下回った時、市場が推移する中で利益確定がなされるレベルとなった。史的に、このレベルが再度ためされたが、上方向にけた場合は、ビットコインは記憶にる急上昇を示す傾向がある。例えば、2012/2013年では+315%、2016/2017年では+100%、そして2020/2021年では+129%となっている。今回、三桁のリタンが得られれば、ビットコインはほぼ140,000ドルに到達すると考える。

👇4-10) 完璧なテクニカルセットアップから始まる急上昇は一部にしか見られないが、私たちは常にそれを特定しようと試みている。トレドは、お茶の葉をむことや市場構造を正しく解することなど、さまざまなスキルの組み合わせで成り立っている。興味深いことに、ビットコインは逆ヘッドアンドショルダフォム(トライアングルフォム)も形成したが(昨日書いた通り)、これは急上昇により確証することができた。

👇5-10) サリアムにとって3,500ドルのレベルは重要である。このレベルが破られると、格は急激に下落するのだが、3,500ドルのレベルでの抵抗もく。イサリアムがこのレベルを上回ってクロズしたことは、強気な解が必要である。また、イサリアムは3,065ドルのテクニカルサポトレベルからの格反があったため、テクニカルな反のセットアップがより良い態にあった。

👇6-10) このイサリアムの安値水準は、50%のリトレスメント(3,009)にも近い。私たちは一時的な3,000ドルレベルの突破を見んでいたが、それはおそらくこの安い修正ポイントを示していたといえる(ビットコインの59,000ドルに相)。

👇7-10) 月曜日にビットコインETFの流れが魔法のように変わった。フィデリティが突然、前の1,800万ドル、300万ドル、1300万ドルだった3つのセッションと比較して大きく異なるレベルの26200万ドルの買い手を見つけた。火曜日の流れ(30%)は木曜日(16%)や金曜日(12%)からの流れを食い潰す傾向があるが、月曜日と水曜日(それぞれ21%)は週平均の「20%」を見る傾向がある。ビットコインが70,000ドルを超えると、火曜日の流れも再びプラスになる可能性もある。四半期末では、流れは通常よりも強力になる可能性がある。

👇8-10) ETFの流れは重要で、ETF1月に立ち上げられて以来、111億ドルの流入があった。しかし、この期間にテザーの発行が97億ドル増加し、それらを合わせると、ETF + テザー(1月中旬以降の合計+208億ドル)の流れはビットコインの価格と相関している。過去2週間のビットコインの修正にもかかわらず、これらの流れは堅調であり、連続する5回のETF流出にもかかわらず、純流出はわずかである。

👇9-10) ETFの流れと同様に、7日間のテザーの発行指標も後退している。ビットコインの激しい急上昇を見るには、ETFとテザーの流入が再開する必要がある。そうでない場合、急上昇の継続は先物トレーダーに依存し、建玉数が新記録を更新し続けている。2月初旬以来、ビットコイン先物の建玉はおおよそ2倍に増加し、200億ドルに達した。ファンディングレートは33%(年率換算)を超えて再び上昇したが、これによりレバレッジをかけたビットコインのロングポジションを保持することが高コストになる。先物ポジションは比較的伸びている。

👇10-10) 今日(火曜日)は、ETFの流れが強いままであり、本当の試練は木曜日と金曜日になる。これらの2日間は四半期末を示しており、間もなくアメリカの証券取引委員会(SEC)への提出が義務付けられている”F13”を通じて、どの大手資産管理会社/機関/ヘッジファンドがビットコインETFを買ったかが明らかになる。

ンテンツは育目的であり、投資アドバイスではなく、資産の買や金融決定をするよう誘するものでもありません。また、ニュスレタ務のアドバイスではありません。しては、理士に相談してください。コンテンツによって生じたいかなる損失も、10xResearch/xWIN株式社ともに責任を負いません。